ヒゲの脱毛やデザインで、多種の機械を使う理由は?

新着おすすめ記事

ヒゲの脱毛やデザインで、多種の機械を使う理由は?

脱毛の専門医に言わせると「ヒゲの数だけクセがある」のだそうで、脱毛マシンが多いのは利用者の多様性に応えるため。

きちんとした理由がそこにはあります。

◆“始めてみなければわからない”ヒゲの不思議。

ヒゲは人によって生え方も違えば濃さも毛根の大きさも違います。

脱毛施術に入る前のカウンセリングでは見ることができなかったヒゲの状態が、施術を始めて、ようやくはっきりするというのが普通です。

「脱毛マシンの種類は多い方がいい」というのは、利用者のヒゲの状態によって、より適合性の高いマシンにその場で変更できるからです。

◆利用者に適合した脱毛マシンへその場で変更。

たとえば永久脱毛・デザインともに「スピーディに終えられること」を売りにしているクリニックがありますが、そのような医療機関は2台よりも3台、3台よりも5台といったように多種の脱毛マシンを用意しているものです。

利用者にあった機械を使い分けることは、施術時間の短縮につながり、そのことが利用者の負荷軽減に直結していきます。

◆施術を始めて起きてくる想定外の症状もあります。

脱毛マシンの種類が多ければ、さまざまな事態にも対応できます。

たとえば脱毛したはずなのに、一部のヒゲが増えたり硬くなってしまったりする症状も起こると言います。

そのような現象に見舞われたときにも、多種類の脱毛マシンがあれば、いち早く取り替えて脱毛を再開することができます。

クリニックを選ぶときに、“マシンの数が多いか少ないか”を目安にするのも1つの見方です。